アニマルックをご使用されている病院様の御紹介

アニマルックをご使用されている病院様の御紹介

アニマルックAL-1を使用した診療例(hiff cafe tamagawa x pet skin clinic)

hiff cafe tamagawa x pet skin clinic 様のブログにて、アニマルックAL-1を使用した診療が紹介されております。
詳しくはこちら
hiff cafe tamagawa × pet skin clinic
後藤 慎史 院長 2009年酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業
約5年間、愛知県の動物病院にて小動物の臨床に携わる
その後、東京農工大学動物医療センターで皮膚科診療の研修を受ける傍ら、板橋区の北川犬猫病院の三枝先生に師事

現在はhiff cafe tamagawa × pet skin clinicの院長を務めながら、北川犬猫病院で皮膚科・耳科担当の獣医師かつ院長として勤務されています。
特に皮膚科と耳科の診療に力を入れていて、多くの臨床をご経験されています。
診療の他に専門誌の翻訳やカウンセリング等も行っております。

アニマルックAL-3を使用した診療例(なかほ犬と猫の病院)

なかほ犬と猫と病院 様のHPにて、アニマルックAL-3を使用した診療が紹介されております。
詳しくはこちら
なかほ犬と猫の病院
院長 酒井 康一郎 院長
出身:福井県勝山市
S57.3月生H12.3月 福井県立勝山高等学校卒業
H18.3月 北里大学獣医畜産学部獣医学科卒業
H18.4月〜 天童動物病院(山形県)勤務
H23.4月〜 さくら通り動物病院(福井市)勤務
H24.12月 なかほ犬と猫の病院 開院

アニマルックAL-3を使用した診療例(アニマル・メディカル・センター)

アニマル・メディカル・センター様のHPにて、アニマルックAL-3を使用した診療が紹介されております。
詳しくはこちら(アニマル・メディカル・センター様HP)
アニマル・メディカル・センター
 高柳 信子 院長よりのコメントです。
「アニマルックAL-3は、通常の耳鏡では発見できなかった、鼓膜近くの頑固な耳垢や短い毛を発見することができ、軽い鎮静と鉗子を使用することで、しっかりと除去ができるため、慢性外耳炎になる前に治療できます。」

高柳 信子 院長
麻布大学1999年卒業後、都内の動物病院に勤務。
一般動物病院で働きながら、麻布大学腫瘍科にて信田卓男先生に専科研修医として師事し、日本獣医がん学会Ⅱ腫認定医取得。
現在、ヤマザキ動物看護専門職短期大学講師とコンパニオン・アニマル・センター センター長/アニマル・メディカル・センター院長を兼務

PAGE TOP