体内カテーテル挿入システム

体内カテーテル挿入システム

開発への思い

経鼻栄養カテーテルは、医師や看護師がブラインドで患者の鼻から鼻腔・喉頭を通って食道や胃へと挿入されます。PMDAでも安全に挿入するためのチェック方法を発表していますが、現在でも誤挿入事故は医療安全白書で報告されています。

また米国のインデアナ看護大学のEllett元教授によると栄養チューブの誤挿入は、1.3%から50%の発生率であると言われています。Rassias医師らによるICUでの検討では、栄養チューブの誤挿入の発生率は2%で、0.3%の死亡が報告されています。

また2010年頃米国では栄養チューブが120万本使用され、日本でも2015年に138万本使用されました。上記の先生方の発生率からすると米国・日本それぞれで、2万人以上の患者が被害を受けていることに成ります。

現在、栄養カテーテルの挿入装置に関する特許は世界中で多数出願されていますが、どれもいまだ実用化に至っていません。

コデンでは微細なカメラを開発して、そのカメラをカテーテル内に挿入し、体内の映像を見ながら安全に誘導するシステムを考案致しました。そしてその製品化を目指し、開発を行っています。

2018年8月31日
特許第6392965号 留置装置及び留置システム

海外20か国以上に特許出願中
オンラインショップはこちら